アッシャー家の崩壊アッシャーけのほうかい
Son coeur est un luth suspendu; Sitôt quon le touche il résonne. 「彼が心は懸かれる琵琶にして、 触るればたちまち鳴りひびく」 ド・ベランジュ 雲が重苦しく空に低くかかった、も …
作品に特徴的な語句
宮殿みやい 精神モラル かおり 形象フィジィク きらめ うる 夢魔ナイトメア おお 永遠とわ きらめ くすぶ 画布カンヴァス くう 譚詩バラッド のろ あるじ 亀裂きれつ 倦怠アンニュイ 光栄ほまれ つとめ とりで たえ さち 息吹いぶき とびら ふる はえ 洞声うろごえ 渓谷たに 穿うが ころも 鏘然そうぜん かたく 領土くに たぐ 一群ひとむれ 些細ささい 亡骸なきがら 伴侶はんりょ 住居すまい すご 動悸どうき まさ さじ きょう いや たた いな つぶや 呪文じゅもん うめ くちびる 唯一ゆいいつ 喉音こうおん すわ 執拗しつよう ふさ 妄想もうそう 妖術ようじゅつ 容貌ようぼう 寂寞せきばく とが しかばね 屍衣きょうかたびら 峻厳しゅんげん 崖縁がけぶち あらし おお とばり 平坦へいたん 度胆どぎも 彼方かなた 微塵みじん 微笑ほほえ 怒濤どとう おそ 悲愁かなしみ みじ 憂鬱ゆううつ あわ 戦慄せんりつ たわむ 抒情じょじょう 拱廊きょうろう 挨拶あいさつ 挽歌ばんか 暗闇くらやみ 曖昧あいまい いま 枕辺まくらべ