“屍衣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうかたびら50.0%
しい25.0%
きやうかたびら25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは吹きこむ疾風の仕業だった、——がそのとき扉のそとにはまさしく、背の高い、屍衣を着た、アッシャー家のマデリン嬢の姿が立っていたのである。
屍衣に包まれて青白い色をしていたり、頬に死のむらさき色を現わしていたりすることなく、華やかな陽気な、快活な顔色をしてはいって来ました。
着てゐたか存じません。白くても何もなしでしたけれど、長上衣だか、敷布だか、それとも屍衣だか分りませんの。