ランボオ詩集≪学校時代の詩≫ランボオししゅう≪がっこうじだいのし≫
1Ver erat 春であつた、オルビリウスは羅馬で病ひに苦しんでゐた 彼は身動きも出来なかつた、無情な教師、彼の剣術は中止されてゐた その打合ひの音は、我が耳を聾さなかつた 木刀は、打続く痛みを以つて我が四肢をいためることをやめてゐた。 …
作品に特徴的な語句
すが かづ いまし かづ おほよ 汝等なれら 騒擾どよもし はし かうべ ずま あだ および をり 寝台とこ なんぢ よそほ ぜい かす もの さかえ 先刻さき くは ばう なれ をど あひだ さまた そゝ かほ びと 容姿かたち 微笑ほゝゑ 接唇くちづ あらた 痙攣ひきつけ しん ドラゴン 軟風そよかぜ しきみ たう ぬか 不慥ふたし 仮睡まどろ まさ おさ 四肢てあし さち 幽閉おしこ また よろこ たづさ こぼ 洒落しやれ たぎ 玩具おもちや 田畠でんぱた まなこ 祖国くに 縄目なはめ いまし ろう くち 臨終いまは 舐子しやぶり 蜿蜒ゑんえん またが のが のこ 雪崩なだ 面容おもざし たま 一言ひとこと 三度みたび 下々しもじも 亡骸なきがら すこや つるぎ 力試ちからだめ 咽喉のど くら わら 嘴々くちぐち ねぐら ひら あが 巌嶮いはほ とし かば