“御一方”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おんひとかた50.0%
おひとかた50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最後の䬻別そちに進ぜる! 『現世において安心を得、後世成仏せんと思わば、神のに属しまつる御一方より、許すとの一言承われ!』
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「右大臣家御一方こそ、ただわれらの目ざすところ」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……一体が、天上界遊山船らへて、丹精めました細工にござるで、御斉眉から天人のやうな上﨟御一方、とんだげな。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その御一方はここに残って、後の様子をっておるに違いなかろう。すなわち依而如件
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)