“唐人屋敷”の読み方と例文
読み方割合
かんない100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その秋にお種は利七のところへ輿入れいたしましたが、陳はそれでも断念兼ねたと見えまして、それから足掛三年唐人屋敷居住んでおりましたが、さすがに気落して