“いずま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
居住80.0%
居座20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
行儀よく居住って、お島の小さい時分から覚えている持古しの火の用心でをふかしていたが、お島や浜屋にしつこく言われて、と勝手元近い下座敷の一つへ通った。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
何かの拍子に居住いを組み直した瞬間——彼女の全貌を真正面から眺める事が出来ました。
陳情書 (新字新仮名) / 西尾正(著)
高子は床の上に居座いを直した。深い沈黙が室の中を支配した。啓介は、先の太い木下の手指を見つめていた。木下はそれを痙攣的に震わした。
二つの途 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
爾薩待(居座いを直し身繕いする)「はあ。」
植物医師:郷土喜劇 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)