二つの途ふたつのみち
看護婦は湯にはいりに出かけた。 岡部啓介はじっと眼を閉じていた。そして心の中で、信子の一挙一動を追っていた。——彼女は室の中を一通り見渡した。然し何も彼女の手を煩わすものはなかった。火鉢の火はよく熾っていた。その上に掛ってる洗面器からは盛ん …
作品に特徴的な語句
めくら かぎ ゆるや 如何どん ほっ 饒舌しゃべり おぶ そよ かさな 呵責さいな めしい みん こら わか かた おこ 浮彫レリーフ せん 如何いかが 作意モーティフ あわただ ほう しか ほて 片角かたすみ 狼狽うろた 辺際はて めぐ ゆか かわ ひと 切端せっぱ 前兆しらせ とげ つぐ ねむ 吸飲すいのみ 石塊いしころ 吸入きゅうにゅう ひる 苦々にがにが 賭事かけごと うつつ 途切とぎ 重湯おもゆ 先刻さっき 雅子まさこ 雑巾ぞうきん あら 顳顬こめかみ 首垂うなだ 首肯うなず とこ 御飯ごはん 悪寒おかん 感染うつ 居座いずま 我慢がまん おのの やす 寒気さむけ 垣間かいま すじ 止度とめど 気配けはい 汚点しみ うち ばあ 失敗しくじ 夢中むちゅう たま ほこり 玩具おもちゃ