“私自身”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わたしじしん66.7%
わたくしじしん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私自身としては、に一のコスモポリタンだとじてゐる。は『一所不在』でない。かに日本東京居住してゐる。海外旅行したんどない。
それですから私自身のためにおいするのではありません。
煙突と柳 (新字新仮名) / 小川未明(著)
もゆかりもない人達には、さして興味もあるまいといますが、私自身には、なかなかれられない事柄だったのでございます。
それにれて私自身気持もずっとれやかになり、戸外出掛けて漫歩でもしてたいというようなになりました。