“私自身”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わたしじしん66.7%
わたくしじしん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私自身わたしじしんとしては、まさに一のコスモポリタンだとしんじてゐる。
それですから私自身わたしじしんのためにおねがいするのではありません。
煙突と柳 (新字新仮名) / 小川未明(著)
じつ私自身わたくしじしんも、はじめてこちらの世界せかいました当座とうざ
本篇ほんぺん集成しゅうせいしたるものはわたくしでありますが、私自身わたくしじしんをその著者ちょしゃというのはあたらない。