“海外”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かいぐわい50.0%
かいがい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にもべたやうに、金解禁準備中に、海外から思惑投機きは、巨額ならざることもかになつてることであるから
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
これはに十からで、其後れた最早八歳になりますが、さて、日頃は、自分うして、海外一商人としてつてるものゝ
これらの日本人美術價値らない時代海外つてしまつたものであつて、では日本すことも出來ないのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
われ/\はこれまで海外著名火山一巡してた。これから國内にて有名活火山一巡してたい。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)