“巨額”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きよがく66.7%
おお16.7%
きょがく16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にもべたやうに、金解禁準備中に、海外から思惑投機きは、巨額ならざることもかになつてることであるから
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
赤穂塩の年産も巨額きなものだったが、要するに、内匠頭夫婦らないことと、士風の堅実が、何よりも、身代なのである。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いや、適当な手段が見つかったとしても、巨額の対抗兵器と危険多き多数の兵員を要することだろう。果してわが国にかかる体当り戦術を完全にカバーするに足る戦力が有りや。
諜報中継局 (新字新仮名) / 海野十三(著)