“きよがく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
巨額80.0%
巨鱷20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
巨額金銀貨積込みもると、武村兵曹とは身輕旅裝へて搖籃へと乘込んだ。
巨額の金を失つて、現在は、彼等に財産を分つ程に豐かではなかつたので、彼等は各自、自分で働いて行かなければならなかつたと、彼等はハナァに云つて聞かしたことがある。
倒崖のれかゝらんとする時、猛虎の躍りまんとする時、巨鱷の来り呑まんとする時、泰然として神色自若たるを得るは、即ちこの境にあるの人なり。
各人心宮内の秘宮 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)