“蕁麻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いらくさ74.1%
いらぐさ22.2%
たんま3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夢の中でも、私は、強情な植物共のを引張り、蕁麻に悩まされ、シトロンの針に突かれ、蜂には火の様にされ続ける。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
蕁麻山査子野薔薇や気短かななどと戦わなければならなかった。非常な掻傷を受けた。
がかくかたりし時牧之いらの形状をくはしくきかざりしが、るにいらとは蕁麻の事なるべし、蕁麻は本草に見えたるの名也。の字にしたればても用ふべきものなるべし。