“蒿雀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あをじ77.8%
あおじ11.1%
あをぢ11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蒿雀へぬやうに、かい日南から隱氣めて小枝つて下手きやうをして、さうして猶且日南をぴよん/\とねた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「あれは蒿雀だ。……」私はっとそれが思い出せると、飛び起きて、窓ぎわに寄っていった。其処から見えた赭松の一つの枝で小さなオリイブ色をした小鳥が二羽飛び交していた。
晩夏 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
橿の實のいくばく落ちて日暮れよと蒿雀は鳴けど杵はのどかに
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)