“蒿雀”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あをじ77.8%
あおじ11.1%
あをぢ11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蒿雀”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
山はまだ花やや寒きはりの枯れ枯れの枝に蒿雀あをじつどへり
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
冬の日の障子あかるくさゝむ時蒿雀あをじも來鳴けなぐさもるべし
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「あれは蒿雀あおじだ。……」私はっとそれが思い出せると、飛び起きて、窓ぎわに寄っていった。
晩夏 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
橿の實のいくばく落ちて日暮れよと蒿雀あをぢは鳴けど杵はのどかに
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)