“生唾”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なまつば94.6%
なまつばき5.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“生唾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が、なおかつ、いまの師直の一言には尊氏もおもわず生唾なまつばをのんだらしい。じっとそのおもてをにらまえるように見て。
胸さきに、生唾なまつばつかえさせていた武士たちも、その図に乗って、いちどきに、わッと凱歌をあげて引揚げた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ある時は変な顔をして苦しそうに生唾なまつばきみ込んだ。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ある時の彼は町で買って来たビスケットの缶をひるになると開いた。そうして湯も水もまずに、硬くてもろいものをぼりぼりくだいては、生唾なまつばきの力で無理にくだした。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)