“伯牙”の読み方と例文
読み方割合
はくが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついに伯牙という琴の名手が現われた。しがたい馬をしずめようとする人のごとく、彼はやさしく琴をし、静かに弦をたたいた。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
紅葉勃興当時の文壇は各々私交はあっても団体的に行動する事はなかった。春廼舎つや半峰居士伯牙における鍾子期の如くに共鳴したが、早稲田は決して春廼舎を声援しなかった。
む 伯牙にして
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)