“細事”の読み方と例文
読み方割合
さいじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もし妾にして富豪の家に生れ窮苦の何物たるを知らざらしめば、十九二十歳の身の、如何でかかる細事に心留むべきぞ、幸いにして貧窶成長り、なお遊学中独立の覚悟を定め居たればこそ
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)