“紫紺染研究会”の読み方と例文
読み方割合
しこんぞめけんきゅうかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで工芸学校の先生は、町の紫紺染研究会人達相談して、九月六日の午后六時から、内丸西洋軒で山男の招待会をすることにきめました。
紫紺染について (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)