彼が殺したかかれがころしたか
若し私があなた方のような探偵小説作家だったら、之からお話しようとする事件を一篇の興味深い探偵小説に仕組んで発表するでしょう。然し単に一法律家に過ぎぬ私が、憖じ変な小説を書けば世の嗤いを招くにすぎないでしょうから、私は今、あなた方の前に事件を …
作品に特徴的な語句
あが まわり いらだ 平和ピンフ そし パオ ペイ トン あだ かんば 北風ペイフォン 如何どん むごた とどま いましめ ふく 目醒めざまし たっ 西風シーフォン げん なく なく 如何どう 平常つね なぶ まな など 蒼白まっさお いち 一筒イートン きょう 俯伏うつぶせ 対面トイメン あるい かく こが 知己しりあい 臥床がしょう もし にく 万字ワンツ 上手うわて 九万チュウワン すま 例之たとえば しもべ すべ 分明ぶんめい 口吻こうふん あっ かつ 四万スーワン 如何いかん 就床しゅうしょう なま そもそ なげう 甘酒うまざけ うたがい 素気すげ しま うらやま 聴牌テンパイ さいな くつがえ ばか なじ にぎや さま むちう 一介いっかい 一寸ちょっと 七索チーソオ 三筒サントン 下僕しもべ 不拘かかわらず うち 之亦これまた なが しま かね 五万ウーワン たお 仮令たとい 住居すまい そば 偶々たまたま まま 先刻さっき 八圏パーチョワン 八索パーソオ 其処そこ 刹那せつな 包牌パオパイ