“こうじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小路39.8%
好餌13.6%
9.7%
柑子7.4%
工事4.5%
弘治4.5%
後事3.4%
巷路2.8%
孝二1.7%
1.7%
1.7%
垢膩1.1%
香餌1.1%
光治0.6%
康治0.6%
亨二0.6%
公示0.6%
好事0.6%
宏兒0.6%
恍爾0.6%
爻辞0.6%
狡児0.6%
葒児0.6%
講師0.6%
鏗爾0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
諸方に、篝火が立っている。暗い小路には、松明がいぶっていた。道に捨てられてある武器や、人間の首や、胴などを、幾つも見た。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
好餌——余の胸に、餓えた狼が羊を見るような、衝動がこみあがってきた。盲弾を放ったにしろ、たしか十隻はうち沈めることができる。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その日も、夜まで飲み歩いて、殆ど、性もなく、木枯らしの中を落葉と一緒に飄々と吹かれながら、平河天神から町のをあてに来ると
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
福寿草だのやぶ柑子だのがあるでしょうね。いつかキャベジのようなと仰云った葉牡丹はやめました、あれはいいようで何か陰気だから。
それで利根川工事へもつたのであつた。自分伎倆んでる。以前からもしづつ開墾仕事をした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
弘治美濃の内乱に、父祖以来の明智城も火中に失って、従兄弟弥平治光春と、ふたりきりで越前へ落ちて行ったものである。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
二世勝三郎はに臨んで子らに遺言し、勝久を小母と呼んで、後事を相談するがいといったそうである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
見送りに出た芸者、女中が、そんな風に囁き合うのを聴き流し巷路の闇にまぎれ込むと、闇の夜風が、鋭く頬を撫でる。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
「よし、してみようか……。」と、清吉が、脊伸びをして、ボタンにをつけようとすると、孝二は、はやになっていました。
子供どうし (新字新仮名) / 小川未明(著)
六日町にて白米八斗に塩鮭やなどをい、人夫を雇いて都合五人で元の山路を帰ったところ、霧の為に路に迷い、谷間に露営して翌日午の刻頃宝川に帰着した本人の直話を長々と書き記してある。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
或は刀鑱し錐穿して之を傷つけて顧みず、碗には垢膩滓渣を附して洗はず、或は之を衝撃して、玉瑕氷裂の醜を與へ、匣をば毀損し、劔をば銹花滿面ならしむるが如きは、剋殺の作用である。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
勝家も、山路正国を説かすに香餌をもってした。——即ち越前坂井郡の丸岡城と、その近地わせて十二万石を与えようという約束なのだ。正国はそれに目がんだ。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
光治は、しばらくそこにって、じいさんを見送っていますと、その姿日影るあちらのえてしまったのでありました。
どこで笛吹く (新字新仮名) / 小川未明(著)
光治ははじめのうちは、その大事にして、るときでもまくらもとにいて、すこしも自分からしたことはなかったのです。
どこで笛吹く (新字新仮名) / 小川未明(著)
康治二年に出家して寂超といい、その次の兄頼業近衛天皇の蔵人であったが、久寿二年、帝崩御のとき出家して寂然といい、長兄は為業といって
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
二十五歳のとき、保延四年、和泉前司道経になかだちを頼み、藤原基俊の弟子となった。基俊は康治元年に世を去ったから、足かけ五年の間であった。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
世良太一君の直話に拠れば、国勢学を一時「知国学」ともいうたことがあるが、これは多分杉亨二先生の案出であろうとのことである。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
冥土に於けるC子の姿は無線遠視に撮られて、直ちに中央放送局へ中継される。娑婆ではこれを、警察庁公示事項のニュースとしてC子の姿を放送する。
十年後のラジオ界 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)
ところが、好事おおし、せっかくの白河夜船を、何者とも知れず、ポカーンとっぺたをはりつけて、かれの夢をおどろかさせた者がある。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
同じ屋敷に住む本家の家族は大概もう移転したあとで、あたりはひっそりしていた。わたしが部屋の外側まで来た時、母は迎えに出て来た。八歳になる甥の宏兒飛出して来た。
故郷 (新字新仮名) / 魯迅(著)
てその奥に至れば、心事恍爾としてほとんど天外にるのをなすべし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
苦節はくすからずの一句、爻辞の節の上六に、苦節、くすれば凶なり、とあるにづくとも、口気おのずから道衍の一家言なり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
宿題は「園中秋草花盛開」で、蘭軒は五絶の体を以て、紫苑、秋海棠、葒児鴨跖草玉簪花地楡沙参野菊秋葵の諸花を詠じた。席上課題は「柬友人約中秋飲」で、蘭軒に七絶一があつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
その夜の夢に、神は寺の講師に告げた。
鼓瑟とだえ鏗爾としてきてち、対えて曰く、三子者に異なり。子曰く、何ぞまん、その志をいうなり。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)