“腰部”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ようぶ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“腰部”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして彼女たちは、腰部ようぶ前面のる部分をひたひたと手でたたく、という場面は極めて尋常に見ることができた。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
それは石灰粉が毛根に付くと、毛が固まるからだそうで、胸とか腰部ようぶを見なければ、男女の差は殆んどわからなかった。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)