“円滑”のいろいろな読み方と例文
旧字:圓滑
読み方(ふりがな)割合
えんかつ69.2%
ゑんくわつ15.4%
スムース15.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円滑”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 政治 > 政治史・事情6.9%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想1.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
円滑えんかつ円滑と云うが、円滑の意味も何もわかりはせんよ。迷亭が金魚麩ならあれはわらくくった蒟蒻こんにゃくだね。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
維新前後の吾身わがみ挙動きょどうは一時の権道けんどうなり、りに和議わぎを講じて円滑えんかつに事をまとめたるは
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
その隣家へ、彼の妻がそれのびに行つたところが、円滑ゑんくわつな言葉といふものを学ばなかつた田舎大尽の老細君は、案外な不機嫌であつた。
宗匠そうしやうの場を円滑ゑんくわつ
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
仕事の区切りがついて、ひと息いれるとき、いままで円滑スムースに仕事がはかどっていたのは、キャラコさんが手助けをしていてくれたお蔭だということを知ってびっくりしてしまう。
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
しかしこれ等の変化はまことに円滑スムースに動いています。
赤耀館事件の真相 (新字新仮名) / 海野十三(著)