“円転滑脱”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えんてんかつだつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円転滑脱”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
流しと板の間の境にある敷居の上であって、当人はこれから歓言愉色かんげんゆしょく円転滑脱えんてんかつだつの世界に逆戻りをしようと云う間際まぎわである。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)