赤耀館事件の真相せきようかんじけんのしんそう
「赤耀館事件」と言えば、昨年起った泰山鳴動して鼠一匹といった風の、一見詰らない事件であった。赤耀館に関係ある人々の急死が何か犯罪の糸にあやつられているのではないかと言うので、其筋では二重にも三重にも事件の調査を行ったのであったが、いわゆる証 …
作品に特徴的な語句
レッド かんば うち 顔貌かおだち わるび かたわ 夕餐ゆうはん いず 音信おとず とど こう 円滑スムース いや 時報タイム・シグナル あわ 遠路えんろ すぎ かえ あい 眼隈めのくま ころが やわら はず まご 仕掛しか かつ もら かかわ ひしめ 枕頭ちんとう むね 故意こい へだた うな 咳払せきばらい はさ 嘲笑ちょうしょう こう ばか たず おさ いちじる ずつ 舌打したう 自記セルフレコード かん 彷徨ほうこう にく まさ 無聊ぶりょう しか わずら さわ パイ 牡丹ぼたん 独逸ドイツ 猟奇りょうき なお 生唾なまつば 生首なまくび 発作ほっさ 真似まね 真蒼まっさお 真逆まさか 真面まとも にら みは ひとみ 瞳孔どうこう 石女うまずめ まれ うかが 立籠たてこも たて 算盤そろばん 籌賀ちゅうが 綾子あやこ 綿密めんみつ すが ひび かか ふけ ふる 雪崩なだれ したが 陰鬱いんうつ 陰険いんけん なまり かえ 通夜つや 頓死とんし