“綾子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あやこ57.1%
りんず42.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
懇親の間柄とて案内もなく客間に通って見ると綾子と春子とがいるばかりであった。
まぼろし (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
前面の喫茶店は、貴婦人社会に腕達者の聞え高き深川子爵何某未亡人綾子といえる女丈夫にてこの会の催主なり。三令嬢一夫人をえて、都合五人の茶屋女、塗盆片手に「ちょいと貴下。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
襦袢の襟に別にまたこれをく、三枚襲の外部にあらはるゝ服装にして、謂はば一種の襟飾なり。最も色合と模様は人々の好に因る、金糸にて縫ひたるもあり、縮緬、綾子、等を用ふ。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
綾子羽ぶたへ今樣
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)