“算盤屋”の読み方と例文
読み方割合
そろばんや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おまっちゃんは露路の方をめて泣きたいのを堪えていた。大紙屋の白壁蔵の壁には大きな亀裂があって、反対の算盤屋の奥蔵は黒壁で、隅の方のこんもりした竹がしく吹いている。