“親木”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おやき75.0%
おやぎ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“親木”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「年々や桜をこやす花の塵」美しい花が落ちて親木おやきの肥料になるのみならず、邪魔の醜草しこぐさがまた死んで土の肥料になる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「年々や桜をこやす花の塵」美しい花が落ちて親木おやきの肥料になるのみならず、邪魔の醜草しこぐさがまた死んで土の肥料になる。
草とり (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
けれど、親木おやぎは、子供こどもあっせられて、地面じめんをはって、どろよごされて、かげもなかったのであります。
親木と若木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「おかあさん、この親木おやぎはかわいそうですね。」と、勇二ゆうじはいいました。
親木と若木 (新字新仮名) / 小川未明(著)