“うぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウブ
語句割合
初心86.0%
6.6%
3.7%
0.7%
乳臭0.7%
初生0.7%
本性0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このこはそんな初心なんじゃないね、どうして、相当しょうばいずれがしているよ、素人でこんなに酒びたりになれるもんじゃないし
契りきぬ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
子供のやうにやんちやで、で、一本気で、手障りは冷たく静かなやうだが、底には高い潜熱とい執着をもつてゐた。
「成る程……それなら御無理もないかも知れませんね……。なお嬢さんは何となく結婚を怖がられるものですから」
復讐 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「この家でに思わるれば、お庄さんも幸福だよ。婿さんは若くてだし、物はあるしさ。」と、従姉手擦りにれていながらうらやましそうに言った。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「お前さんなんざまだだから、行けばきっと流行りますよ。」お鳥はこうも言った。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
イフヒムの奴も太腐れて居やがる癖に、胸三寸と来ちゃからっきし乳臭なんだ。
かんかん虫 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
身のままの本性はぬ事とわざ行ひゆかばつつみ無からん
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)
彼れにはそれほどな処があつた。
斎藤緑雨と内田不知菴 (新字旧仮名) / 坪内逍遥(著)