契りきぬちぎりきぬ
「また酔っちまったのかい、しようのないこだねえ、お客さんはどうしたの」 「いま菊ちゃんが出てるわ、こうなっちゃだめよかあさん、このひとにはお侍はいけないって、あたしそ云ってあるじゃないの」 「お侍ばかりじゃないじゃないか、お客ってお客を振る …
作品に特徴的な語句
こう ほっ ゆっく つか 本屋もとや さか こう 三枝さえぐさ 侠気きょうき いた むせ こび ひさし 忍草しのぶ 惘然もうぜん かか 痛痒いたがゆ まぶ たら はるか 雨滴あまだ 二布ふたの 仰臥ぎょうが 伊代いよ 俯向うつむ 倒潰とうかい 内所ないしょ しの りん 初心うぶ かく いたわ 動悸どうき 勿体もったい ひる 半刻はんとき かえ 可笑おか つぶや うめ そそ うな くわ のど あえ 嗚咽おえつ わら 嘔吐おうと うわさ ささや はや ふさ 夕餉ゆうげ 大股おおまた 太腿ふともも 失踪しっそう 妄執もうしゅう ねえ しゅうとめ 安堵あんど 宗田むねた むし 尻尾しっぽ 崖下がけした 帷子かたびら 年嵩としかさ かば 店者たなもの しょう おび たし 手桶ておけ くじ 挾箱はさみばこ おお つか そろ 提灯ちょうちん 揺曳ようえい 暢気のんき 曲輪くるわ 朋輩ほうばい すじ 枕許まくらもと 柏源かしげん さく 氾濫はんらん 河岸かし 洒落しゃれ