“挨拶振”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あいさつぶ75.0%
あいさつぶり25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“挨拶振”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
けれども、その挨拶振あいさつぶりは義理か、通り一遍のものだった。どの店の人間も彼の当身あてみの多い講釈には参らされていた。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
高柳君にはこの挨拶振あいさつぶりが気に入った。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その不明晰ふめいせきな態度を、父に評させると、まるで要領を得ていない鈍物同様の挨拶振あいさつぶりになる。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)