“挨拶旁〻”の読み方と例文
読み方割合
あいさつかたがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八畳の間で、庭の新緑に眼をりながら四人が一と息入れているところへ、未亡人が挨拶旁〻嫁や孫たちを引き合せに這入って来た。
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)