“こんにちは”の漢字の書き方と例文
語句割合
挨拶100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論、別人とは納得しながら、うっかり口に出そうな挨拶こんにちはを、唇で噛留かみとめて、心着くと、いつの間にか、足もやや近づいて、帽子に手を掛けていたきまりの悪さに、背を向けて立直ると、雲低く、下谷したや、神田の屋根一面、雨も霞もみなぎって濁ったなかに、神田明神の森が見える。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)