“しゅく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シュク
語句割合
宿75.3%
10.3%
4.5%
2.5%
2.5%
1.2%
府中0.4%
0.4%
0.4%
守具0.4%
宿駅0.4%
川崎0.4%
0.4%
0.4%
衆苦0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「はなはだ恐縮ですが、中納言様の御通行は来春のようにうけたまわります。当宿ではどんな心じたくをいたしたものでしょうか。」
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
慶長年間わが賈舶の安南に赴くや、当時の碩儒すなわち徳川時代文学の開山たる藤原はその舟中の規約を作り与えて曰く
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
事変がはじまってから、毎日のように、このから出征兵士ったので、には、へ、「壮途」と、きないたがかかっていました。
昼のお月さま (新字新仮名) / 小川未明(著)
作りの工業家などもこれから出ているらしく、おそらく・エタの仲間となったものもまたその中にはあったらしい。
俗法師考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
君達はおお方リッパハのを遅く立ったのだろう。
世人はこれを、毛利家の二ともいい、中国の二川ともいっている。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この頃、頼母は、物思いに沈みながら諏訪神社府中とをいでいる畷道を、府中の方へ歩いていた。賭場で見聞したことが、彼の心を悩ましているのであった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
府中で殺しては人目につき、後々がうるさいというところから、この農家の納屋で、乾児たちに吩咐け、その嬲り殺しの最後の仕上げに取りかからせたのであった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
曹国公李景隆に命じ、兵を調してに河南に至り、周王及び世子妃嬪え、爵を削りて庶人となし、雲南しぬ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
されば三十一年の秋、周王えらるゝを見て、燕王は遂に壮士みて護衛となし、極めて警戒を厳にしたり。されども斉泰黄子澄に在りては、もとより燕王をす能わず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
私には何もかもまだはっきりと分りませんが、ういうことも麗姫に云って聞かせてやったのです。南海にという名前の帝があった。北海にという名前の帝があった。
荘子 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
摂津三島郡に宿河原という皮多村のことが、よく正徳・享保頃の文書に見えておりますが、同じ宿河原でも、同国武庫郡のは後までも夙で、それを守具と書き
晩の宿駅では、絃歌がわいていた。手越ノ遊女といえば、古くから海道一の聞えがある。ここを通って、名もなさず過ぎるのは、武士の名折れぞ、と婆娑羅者はいうのである。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
んとこの息子どんはおとなしくって仕合せだが、おらの新太の野郎なんざア、ハア放蕩べえぶって、川崎べえ往ってハア三日も四日も宅へ帰らねえで困るが
上首の一人 ——に十の利あり、には三くるもの、いやしくもこの理を忘るるれ。
阿難と呪術師の娘 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
山伏は、耳がないように、ただだけにらんらんと、人をるような炎をたいている。金剛わらんじの足の指が、百足の背みたいに、一一縮地をにじり詰めてくる。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
および真正を信ぜず、殺盗して罪をつくらば、畜生餓鬼の中に堕在し、つぶさに衆苦を受け、地獄を経歴せん、ゆえに塚塔中にあらずといわん
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)