“頓挫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とんざ97.1%
しくじ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かかるほどに車体は一上一下と動揺して、あるいは頓挫し、あるいは傾斜し、ただこれ風の落ち葉をき、早瀬の浮き木をぶに異ならず。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
多年の揣摩一時の宏弁、自然に備わる抑揚頓挫は開き或はじて縦横自在に言廻わせば、に成らずには置かぬ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
笹村はちょっとした女の言い草に、自分の気持を頓挫ると、しばらくやされていた女に対するしい憎悪の念が、一時にむくむくって来た。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
笹村は学校をめて、検束のない放浪生活をしていた二十時分に、ふとしたことから負わされた小さな傷以来、体中に波うっていた若い血がにわかに頓挫ったような気が、始終していた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)