“頓服”の読み方と例文
読み方割合
とんぷく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一個は「阿片丁幾(毒薬)」と記して有る、一個は「発病の際頓服す可し」とあり、残る一個は単に「興奮薬」とのみ記して有る。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
五分ののち病症はインフルエンザときまった。今夜頓服を飲んで、なるべく風にあたらないようにしろという注意である。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
謡曲中毒もここまで来ると既に病膏肓に入ったというもので、頓服的忠告や注射的批難位では中々治るものでない。
謡曲黒白談 (新字新仮名) / 夢野久作(著)