“つと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツト
語句割合
24.6%
22.0%
14.2%
12.1%
9.9%
6.3%
5.1%
1.0%
努力0.5%
土産0.5%
0.3%
0.3%
0.3%
苞苴0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
奉公0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「冬次郎様をはじめとし、戸ヶ崎氏や汝らが、諸角覚蔵方に滞在し、我々の様子うかがいおること、拙者においてはに承知じゃ」
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
沮喪せず、妥協せずに、自分自身に最善を尽した生活律を建て得る「自由」と「聡明」の精神を養わせる教育にめて欲しいと思う。
鏡心灯語 抄 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
めがらにしても、つくろはずばあるべからずと、のひもだけはきちんとしてゐて……いから時々だらける。……
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
室外の廊下に出て見ると高木さんや中川さんの顔も見えた。みんな外の方を向いて自分の顔を見ないようにめているらしく思われた。
病中記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
ところが、鍋島家の役筋の方では、訴えられて非常に弱った。殊に、刈屋頼母は極力それを揉み消し、百助と久米一との和解にめた。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ナットノオトコ 越後の各郡では歳の暮に納豆を寝せるのに、藁を引き結んだものをそのの中に入れ、これを納豆の男といっている。
食料名彙 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それであなたはわたしたちにめてくれることになるし、わたしたちはわたしたちで、あなたがたのお役に立つこともありましょう
彼の体は前岸の平らかな岩の上に持って往かれた。彼は三年目にしてはじめて白竜山の本山の中へ一歩を入れることができた。彼はんで岩をうて往った。
仙術修業 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
小躍りして歌って居る思いを「何でもない」静けさで被うて居ようと自分の前に努力めて居るいじらしい様子を見ると、余り可哀そうな之からの事を思うて蕙子は口も利けない様であった。
お久美さんと其の周囲 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
土産にして凉しと云はん人は誰
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
又曰く、予深く其の去るをみ、詩をす、既に其の素有の善を揚げ、むるに遠大の業を以てすと。潜渓の孝孺を愛重し奨励すること、至れり尽せりというべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
季康子問う、民をして敬忠ありてめしめんには如何にすべき。子曰く、之に臨むにを以てすれば則ち敬あらん、孝慈ならば則ち忠あらん、善きを挙げて不能を教うれば則ちめん。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
その間孜孜として之をめば、に事として成らざるなかるべし。老禅の一語、実に虚しからざる也、古人学業終身を期せんのみ。汝等深く思うてを勉めよ。
洪川禅師のことども (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
帰途医科大学の前へ出るまでに納豆苞苴のようなものを提げて行く人達を幾度も見かけた。
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
孔子學に志してより七十に至るまで、十年毎に自ら其のむ所有るをり、孜孜として自らめて、の將に至らんとするを知らず。
〔譯〕君子は自らくし、小人は自らく。君子は自らめ、小人は自らつ。上と下とは、一のの字に落在す。
我利これめ、はなはだしきは千百年来の由緒あり、いずれも皇室に縁故ある諸神を祀れる神社を破壊、公売するより、見習うて不届き至極の破壊主義を思いつくようでは
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)
只今ごとき無慙無義にして神社を潰して自分の俸給を上げんことのみめ、あるいは枯損木と称して枯損にあらざる神木を伐り売るような神職が、何を誦し何を講じたりとて
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)
トルストイ伯曰く「神を知ることゝ生命とは一にして離るべからざる者なり。神は生命なり。神を求むるをむべし、神なくして生命ある事はじ」
トルストイ伯 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
人あり来り問うて曰く、何処の使人ぞ。答へて曰く、日本国の使なり、云々。唐人我が使に謂って曰く、に聞く、海東に大倭国あり、これを君子国と謂ふ。
国号の由来 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
「このたびは、法隆寺へ修学のよしじゃが、あまりめて、からだを、そこねるなよ」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
爾らのうちかよくおもい煩いてその生命を寸陰も延べ得んや、また何故にのことを思いわずらうや、野の百合花如何にしてつかを思え、めずがざるなり
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
に文筆のみならず、音楽にも亦深い趣味と諒解があって、誠に多芸多能の人であった。
徹底的な浜尾君 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
「荒に蔦のはじめや飾り縄」で、延喜式の出来た時は頼朝がで六十余州を指揮する種子がもうかれてあつたとも云へるし、源氏物語を読んでは大江広元が生まれないに前に
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
石黒忠悳男は今ではにまかせて茶の湯を立てたり、媒人をしたり、また喧嘩の仲裁をしたりして暮してゐる。その石黒男のに長年奉公めてゐる女中が、ある日の事、男爵の前に両手を突いて
万作も少しは塩梅も宜いから、めて起きて、親子三人大骨折して後の山にようよう雨露を凌ぐばかりの仮小屋を建てて其処に住んだ。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
しかも大ていの場合主役をめていた清水は、決して彼自身が謙遜して言う程有名でない役者ではなかったのだから……
象牙の牌 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
なお、家持には、「のこりの雪にあへ照る足引の山橘をにつみな」(巻二十・四四七一)という歌もあって、山橘に興味を持っていることが分かる。この巻十九の歌の方がっている。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
無残の屍骸らすということは、特に『心臓捕り事件』として、に報じた所であるが、今暁復もや其犠牲者が、川口の水面に浮かんで来た。
人間製造 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その外出頭のからのあたりに気を付けてみますると、一度、毛がピッシャリと地肌に押付けられたものを、又掻き起いて恰好を付けた痕跡が、そのまま髪毛の癖になって
「飲食男女は人の常性なり、死亡貧苦は人の常艱なり、其性を遂げ其艱を去るは皆自然の符なれば、励めざるも之に赴き、刑せざるも之をめ」