“うまや”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウマヤ
語句割合
76.0%
厩舎7.4%
7.0%
2.5%
馬舎2.5%
1.7%
馬厩0.8%
0.8%
廏屋0.4%
馬屋0.4%
馬院0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雑木山のや、柿の樹の傍やの横手や、藪の下や、桐畑や片隅にぽつかり大きな百合を咲かせた農家の庭の前などを通つて。
一、厩舎よりの情報は、船頭の天気予報の如し。関係せる馬についての予報は精しけれども、全体の予報について甚だ到らざるものあり。
我が馬券哲学 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
手本にして生意氣にも實物寫生み、自分から一丁ばかりれた桑園借馬屋があるので、幾度となく其處つた。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
そうして私を人の居ないの横に連れ込んで、今一度そこいらに人影の無いのを見澄ましてから、内ポケットに手を入れて、手紙の束かと思われる扁平たい新聞包みを引き出しますと
死後の恋 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ここの家にもあるが、何処の旅籠屋にも、馬舎が付きものになっていて人間の宿屋というより、馬の宿屋といったほうが近かった。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
定基は図らずも三河の赤坂のの許の力寿という美しい女に出会った。長というのはの長で、駅館をどるものが即ち長である。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
英語で蜻蜓竜蠅(ドラゴン・フライ)と呼び、地方によりこの虫馬をすと信じてホールス・スチンガール(馬を螫すもの)と唱う。そは虻や蠅をいに馬厩に近づくを見てり言うのだろう。
廏屋馬丁に申しつけて、『瞬』を厳重に柱に縛り付けて動かぬようにして、その上に番人を二人までもつけておきました。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
さんは、そのにくつわをかませてをつけて、馬屋いていきました。
人馬 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
と、官邸の馬院にいる馬丁や小者らの口から街の耳へも、真相が伝わっていった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)