“蜻蜓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とんぼ84.6%
とんぼう15.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蜻蜓が化し飛ぶに必ず草木をじ、蝙蝠は地面からに舞い上り能わぬから推して、仙人も足掛かりなしに飛び得ないと想うたのだ。
氏はまた蜻蜓をもる。蜻蜓は相場師と同じやうに後方に目が無いので、尻つ尾の方から手出しをすると、何時でも捕へられる。
あのような歌をよこされては、男子たるもの蜘蛛の糸に絡められた蜻蜓のようになって了って、それこそカナ縛りにされたことだったろう。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
その蔭にはき腹濃きみどりいろにて羽の如き蜻蜓あまた飛びめぐりたるを見る。
みちの記 (新字新仮名) / 森鴎外(著)