“駅前”の読み方と例文
旧字:驛前
読み方割合
えきまえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、駅前から、あちらののふもとの村々へいく、馬車がとまっていました。いぜんには、バスが往復していたが、戦争がはじまってから、馬車にかわったのでした。
しらかばの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
拡声器から、が、がなりはじめて、ものの宣伝や、駅前喫茶店開業した広告や、そのうるさくさえったのを、なになん丁目のくつでは
アパートで聞いた話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
駅前広場で、二人はとなりあって、その新聞を、ゆきっていました。一人は、もうをとった母親であったが、一人は、まだい、をおぶったでありました。
かざぐるま (新字新仮名) / 小川未明(著)