“繰込”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くりこ60.0%
くりこむ20.0%
くりこみ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この危急存亡のに、天なる哉、なる哉、ゆらりゆらりとこの店へ繰込んだものがありました。それは別人ならず、長者町の道庵先生でありました。
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
〆切町内々々自身番屋にはの者共火事裝束にて家主抔り/″\相詰たり數寄屋橋御見附這入ば常よりも人數夥多しく天一坊の供繰込を待て御門を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
以て大坂へ申ば然ば急々上京すべし尤とも此度は大坂表へ繰込より一際目立樣にすべしと伊賀亮は萬端に心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)