“難澁”の読み方と例文
新字:難渋
読み方割合
なんじふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
忘れ彼是難澁申懸いたし且又道中にて野尻宿與惣次召仕の下女專と申者と密通致し叔母女房留守中貞節を相守候者を彼是惡名を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それもつだが、當時は、大錢ひのはよく御存じ、諸國小貨のがてのほか拂底で、ものに難澁一方ならず。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
見いだし且つは其所の役人自然私欲等之れあり下々の者難澁致す向もあらば夫々御糺明仰付らるゝ御趣意なり依て上樣御目代との仰を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)