“ねんご”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
96.6%
年後1.7%
0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
親族、朋友等もまた涙ながらに花嫁の前にき、その手をとってろに同じような事を戒めるがごとく勧めるがごとくにいうのです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
狼火……そして最後武運いよいよきてのあの落城……四百年後今日してみるでも滅入るようにじます。
遺骸を奉じて埠頭を去る三なるパセパンシャンの丘巓に仮の野辺送りをし、日本の在留僧釈梅仙を請じてろに読経供養し
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
能く心して生活の道を治めよ、とろに説き示しければ、弟はこれを口惜く思ひてその生活の道に心を用ひ、く富をしけるが
印度の古話 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)