“慇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねもごろ66.7%
ねんご33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熱劇しくて譫語のみ言ひしを、エリスがにみとる程に、或日相澤は尋ね來て、余がかれに隱したる顛末をらに知りて、大臣には病の事のみ告げ、よきやうに繕ひ置きしなり。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
熱劇しくて譫語のみ言ひしを、エリスがにみとる程に、或日相沢は尋ね来て、余がかれに隠したる顛末らに知りて、大臣には病の事のみ告げ、よきやうにひ置きしなり。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
遺骸を奉じて埠頭を去る三なるパセパンシャンの丘巓に仮の野辺送りをし、日本の在留僧釈梅仙を請じてろに読経供養し
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)