“慇懃礼”の読み方と例文
読み方割合
いんぎんれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
改めて、叔甥の名乗りをなし、帝は慇懃礼をとって、玄徳を便殿じられた。そして曹操もまじえて酒宴を賜わった。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)