“慇懃丁重”の読み方と例文
読み方割合
いんぎんていちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くほど眺めておれる大原は平生の書生風に引かえてを正し慇懃丁重に両手を突いて初対面の口儀を述べ
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)