音波の殺人おんぱのさつじん
夜中の十二時——電気時計の針は音もなく翌る日の最初の時を指すと、社会部長の千種十次郎は、最後の原稿を一と纏めにして、ポンと統一部の助手の机に投りました。 「さア、これでお了いだ」 千種はガードの熱いおでんと、中野のアパートの温いベッドと—— …
作品に特徴的な語句
あか ひき 甘美スイート 気持こころもち たくら すっ 半巾はんけち ぱた 手巾はんけち 此方こっち ベル 何方どっち そむ きっ かじ おおい ゆる 彼方あちら うらみ こさ ひっさ しば 木片こっぱ 梯子ばしご うつ あかり けむ 線路レール おぼ 退 一寸ちょっと 丁度ちょうど なが しま かね 何処どこ 何分なにぶん 何方どちら 何時いつ 僥倖ぎょうこう 先刻さっき その 其処そこ 千種ちぐさ テーブル 卓子テーブル 口惜くや 呼鈴よびりん 咄嗟とっさ むせ 塑像そぞう うち へや うち もっと 山羊やぎ 屹度きっと 引釣ひきつ 弾丸たま 彼方かなた 御誰どなた 忿怒ふんぬ おどろ ドア 手巾ハンケチ 手繰たぐ ほう 拳銃ピストル こしら かたき 早刻さっき 昨夜ゆうべ 木精こだま 梯子はしご 椅子いす しら 横台グランド この 此処ここ 沢山たくさん