“早刻”の読み方と例文
読み方割合
さっき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千種十次郎の顔は次第に真剣になります、早刻早坂勇から聴いた、岡崎の言うのが本当か、それとも鳥子の方が本当か、もう一度スタートを踏み直して考える必要があります。
音波の殺人 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)