“基衡”の読み方と例文
読み方割合
もとひら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東夷の基衡が建てた中尊寺の光堂は今も遺っている。殺伐な武人が調子の強い、はでやかな色彩を好んだのは当然である。
偶言 (新字新仮名) / 津田左右吉(著)
鎮守府将軍藤原清衡が、奥州の豊田館から平泉に館を築いて移ったのは堀河天皇の御宇で、今からそ八百四十年前、それから基衡秀衡泰衡と四代、平泉館に住んで
水中の宮殿 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
須弥壇は四座あって、壇上には弥陀観音勢至三尊二天六地蔵が安置され、壇の中は、真中に清衡、左に基衡、右に秀衡が納まり、ここに、各一口き、鎮守府将軍を帯び
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)