“基督教徒”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
キリストきょうと25.0%
クリスティアーノ25.0%
キリストけうと16.7%
クリスチャン8.3%
クリスティアーニ8.3%
クリスティアーン8.3%
クリステイアン8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“基督教徒”を含む作品のジャンル比率
文学 > イタリア文学 > 詩57.1%
文学 > 日本文学 > 箴言 アフォリズム 寸言6.2%
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これは基督教徒キリストきょうと相応ふさわしいジョンという名前を持っていたが、その性質は異端者いたんしゃのヘクトーよりもはるかに劣っていたようである。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
基督教徒キリストきょうとの地上楽園は畢竟ひっきょう退屈なるパノラマである。
侏儒の言葉 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その敵はいづれも基督教徒クリスティアーノにてしかもその一人ひとりだにアークリに勝たんとてゆきまたはソルダーノの地に商人あきびとたりしはなし
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
マリア——唱名の聲高きを開きて——我を加へ給へり、汝等の昔の授洗所にて我は基督教徒クリスティアーノとなり、カッチアグイーダとなりたりき 一三三—一三五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
私は彼のことを自然がその英雄達——基督教徒キリストけうとと異教徒の——その立法者、その政治家、その征服者達を創造つくり出した材料で出來てゐる人だと考へた。
「机の塵」「隣の噂」など云へる戯文欄に於て揶揄やゆ、冷評を加へしも少からず「基督教徒キリストけうとの非国家的思想」テフ大標題を掲げて、基督教は売国教なる所以ゆゑんを痛論せる仏教主義の新聞もあり、
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
私の姉夫婦を惨殺した人間は笑って絞首台の上に立って居るのです、懺悔をして居るのだ、許してやってはどうかと云う人があるかも知れませんが、私は基督教徒クリスチャンでありません。
ある抗議書 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
基督教徒クリスティアーニよ、おも/\しく身を動かし、いかなる風にも動く羽のごとくなるなかれ、いかなる水も汝等を洗ふと思ふなかれ 七三—七五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
基督教徒クリスティアーニなる民の一部我等の繼承者けいしようじやの右に坐し、その一部左に坐するは、われらの志しゝところにあらじ 四六—四八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
かくてわが詩にギリシアびとを導きてテーべの流れに到らざるさきにわれ洗禮バッテスモをうけしかど、おほやけ基督教徒クリスティアーンとなるをおそれて 八八—九〇
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
噫〻心たかぶる基督教徒クリステイアンよ、さちなき弱れる人々よ、汝等精神たましひの視力衰へ、後退あとじさりして進むとなす 一二一—一二三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)