悪僧あくそう
何時の比のことであったか朝鮮の王城から南に当る村に鄭と云う老宰相が住んでいた。その宰相の家には宣揚と云う独り児の秀才があったが、それが十八歳になると父の宰相は、同族の両班の家から一人の女を見つけて来てそれを我が児の嫁にした。 宣揚の夫人とな …
作品に特徴的な語句
いかつ とがり うららか ともしび せい うっ きもの 疲労くたび 何方どなた あな はず なまめ おじぎ じぶん 黄昏ゆうぐれ 乃公わし ひるが 背丈せた よう いん あらた ぜん 手巾はんけち 衝立つった 従来いままで うしろ 巌窟いわあな しょう いわ 王城おうじょう 洞房どうぼう あろ ころ あか 旋風つむじかぜ ななめ ぬぐ へや ほうむ じょう 蒼白そうはく こわ 山路やまじ 寡婦かふ 容貌きりょう 何人だれ 使つかい たれ 前額ぜんがく 荊棘いばら 黄金こがね 生生なまなま まち ふもと かささぎ さかずき ひげ みは 矢壺やつぼ 神人しんじん ふる ほお 科挙かきょ 鞠問きくもん 竹叢たけむら すだれ あか すが 面前めんぜん そび 胆力たんりょく 雨気あまけ 背後うしろ 脚下あしもと しゅうと 陥窪おちくぼ 良人おっと 艶麗えんれい 襟元えりもと 西房せいぼう のぞ 賜題しだい かく 貴方あなた かたき たぶら つらぬ