“王城”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうじょう50.0%
わうじやう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“王城”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何時いつころのことであったか朝鮮の王城おうじょうから南に当る村にていと云う老宰相が住んでいた。
悪僧 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
やがて丁抹でんまるく王城おうじょうの場になる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
わかき日のやむごとなさは王城わうじやうのごとしと知りぬ流離りうりの国に
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
鎮護ちんごまします王城わうじやう
全都覚醒賦 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)